スタッフダイアリー

2018.01.28牡蠣爆食ツアー

寒い日が続きますが皆様風邪など引かれてないでしょうか、 

佐川店業販 芳﨑です。

サービスマネージャーで須崎店在籍中からお世話になってます板金塗装業者様主催の

毎年恒例牡蠣ツアーに参加させていただきました(●^o^●)

昨年までは香川県方面でしたが、今年は徳島方面です。

DSC_0019

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

毎回お世話になるさくら観光さんの大型観光バス全長12m、全幅約2.5mの

三菱ふそう「エアロクイーンハイデッカー」

大型トラック・バス好きの私にはたまりません!(^^)

  

 

午前8時に出発でルートは貞光ゆうゆう館→脇町うだつ道の駅→大鳴門橋遊歩道渦の道からの

牡蠣小屋のある鳴門市土佐泊浦の「うちの海」です。

 

さて、藍ランドうだつで町並み散策です。「うだつ」とは本来、町屋が隣り合い連続している場合に隣家からの延焼を防ぐ防御壁として作られたようですが、江戸時代中期ごろには装飾的な意味合いに変わったそうです。

DSC_0020

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

うだつを上げるには高額な費用を要する為、うだつが上がっている商家は裕福な家に限られたそうです。

俗に言う「うだつが上がらない」は見栄えがない、生活や地位が上がらないの語源の一つとも言われます。

 

DSC_0021DSC_0023

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

町並みのお店で売っている味噌田楽は甘辛くなかなか美味しいいです!「ビールに合う!」笑

竹細工の民芸品や小物類などを見て歩くのも楽しいですよ(^^)/

あと假屋崎省吾さんの生け花展もやっていました。

 

 

ほろ酔い気分でいざ鳴門大橋

DSC_0024

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「殆ど朝から飲んでるんでほろ酔いなのかどうなのか~」Σ(´∀`;)

 DSC_0026DSC_0025

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昭和60年開通、全長1,629m、1日当たり通行車両約24,000台。

橋桁下に設置させた遊歩道に足元から45m真下に渦潮を見る事ができます。

高所恐怖症の私はガラス張りの歩道は避けて歩きました(~o~)

 

 

大橋を後にいよいよメイン・イベント 牡蠣の蒸し焼き食べ放題

7人1テーブルでこの量を3~4セット、ポン酢や醤油で頂きます(^Q^)!!

DSC_0027

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

牡蠣は海のミルクと言われます。栄養価も高く美容にも良いそうですよ♫!(^o^)!

爆食ツアーには何度も参加させて頂いてますので顔見知りの方も何人か出来、ワイワイガヤガヤ大いに飲んで食べて騒いで帰って来ました(^.^)/~

 

  

ページのトップへ戻る